月別アーカイブ: 2015年8月

ダイエットのための正しい食生活を基本にする

ダイエットのための正しい食生活は、1日に必要なエネルギー量はしっかり摂ることです。それでいて、肥満を防ぐ食事に留意することです。食べすぎ、飲みすぎに気を付け、お昼を食べすぎたら夕飯を少なめにするなど、日々、食事の量やメニューに気を配ることです。

ダイエットのためには、脂肪分の多いものや甘い飲みものは控えるようにし、色々な食品をバランスよく食べるようにします。正しい食生活で忘れてはならないのは、お腹がすかないうちに食べないことです。お腹がすいてから食事をすると体脂肪が減り、お腹がすかないうちに食事をしてしまうと体脂肪が蓄積しやすくなります。ダイエットをするからと言って、食べないのも問題で、適度な食事間隔で必要な栄養素をきちんと取ることが正しい食生活になります。

食事を抜く習慣があると、逆に体重が増える傾向にあります。食事の間隔は4~7時間はしっかり空け、きちんと食べましょう。ダイエットのためには、一日3食をしっかり摂り、夕食は軽めにすることです。正しい食生活は、一日3食を規則正しく摂ることで、エネルギーをとりすぎないよう、夕食は軽めを心がけることです。

細かいことをたらたらと書いてきましたが、ダイエットの基本となるのは、まちがいありません。日々新しいダイエット方法などが登場してきていますが、基本あってこその方法だと思います。

基本を大事にしながら、そういった新しい方法を取り入れていくことが望ましいでしょうね。