虫歯になりにくいおやつって?

虫歯になりにくいおやつってどんなものでしょうか?虫歯になってから治療にいくのではなく、なりにくいおやつを選ぶことである程度防ぐこともできるようですので、お子さんのおやつにも気を使う必要があると言えます。

mushiba_oyatu

ある歯科HPの情報によると、おせんべいやクラッカー、そしてキシリトール入りのガムやお菓子、スナック菓子が一番安全と言えます。安全というのは他の物に比べ、「なりにくい」というだけで、「ならない」ということではありません。

やはり比較的お砂糖の使用度が低いものになっていますね。お次はプリンやゼリー、ヨーグルトなどです。プリンなどはお砂糖をたくさん使っていますが、食べた感が少なく、歯に詰まる(残る)可能性が低い食品ですので、食べた後のうがいなどで糖分が口からなくなるということでまだ、なりにくい部類い入っています。

食べたあとの口のゆすぎなどがポイントですね。一方気をつけなければならないおやつは、キャラメルやグミやあめ、乳酸飲料といわれています。これは糖分が多い上に、歯に留まりやすい性質の食品だからです。乳酸飲料は糖分も含まれているため、酸の産生に拍車をかけるといわれているのが理由です。どちらにせよ、食べた後は歯についた糖分を残さない、ゆすぎや歯磨きが非常に大事と言えます。

歯の健康はとっても大事な項目です。美容という面でも見られる時代です。白い歯はとても健康的で清潔感があり、いくら身体の他の箇所が健康的であっても、歯の健康がそ損なわれていれば、人に与える印象も変わってきます。

 

頭皮の健康のお勧め 頭皮チェック